清水川の話『聖なる蘇りの水』

早朝の清水川(Photo by Satoko Yaegashi)

早朝の清水川(Photo by Satoko Yaegashi)


【織り織りのうた】の工房がお引越し。まもなくです。
今度の工房は、これまで、私達が寝泊まりに遣わせていただいていた『あっけら館』の隣で、さらにその脇は清水川が流れています。2階の工房からの眺めは最高です。そんな、新しい工房となる場所のお話です。

こんど工房となる古いお家は、かつて岩泉では老舗の料亭さんで、結婚式なども行われていたと聞きました。
2月の活動の時、この古いお家の掃除を…しました。いやあ、大変でしたが、しっかりとよく出来たお家でした。作業中にこの家の話を聞いたのです。
通りゆく人が、道すがら、
「こんど誰がくんのかな〜って思って・・・」
「だあって〜、私はここで結婚式をしたんだものお〜」と。
既に数名にお会いしました。

そんな料亭さんですが、
ウリは「うなぎ」だったといいます。
料亭の前のこの清水川でいつも鰻を放流し、
「仕入れてすぐは美味しくない。この清水川に3日は泳がせないとうまくなんねえんだ!」と言う主人のこだわりで、予約は必ず1週間前までだったといいます。仕入れたものは「よその鰻」、3日間泳がせることで、岩泉のウレイラ山からの清水によって「清水川の鰻」に生まれかわるということなのでしょう。清水川は、『神聖なる蘇りの水』という訳です。

4月からは料亭から十数年たって、工房として生まれ変わりスタートします。
隣の「あっけら館」の2階ではヨーガ教室が誕生します!
2件並んで、人々が集まる場所になればいいな。
毎日清水川に水で清めをすることにしましょう・
目の前を今日も初々しい神聖な清水川が流れています。
カタンコトンと織りのリズムと清水川の流れが奏でることでしょう。

♪ ♬・・・・・♫

…町の皆さんが気になっていることがひとつあるそうです…
あの「秘伝の鰻のタレ」は何処に行ってしまったんだろうか…?

広告

About 織り織りのうたプロジェクト
三陸いわて被災地から手仕事を! 「織り織りのうたプロジェクト」は被災地の手仕事を生かすため立ち上げられた支援プロジェクト。東京狛江市と岩泉町の女性たちが紡いだ絆。古布リサイクルの裂き織りヨーガマットや甲あて編みが被災地の女性たちによって織られています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。