『三陸のともしび』事務局,【織り織りのうた】小本本部が小本仮設に開設です(その2)

龍のような雲。ことが終わり、ことがはじまる。
(Photo by Satoko Yaegashi)


ここでの活動内容の紹介です。

まだ実践の前です。心に決めた(意志にした)計画です。
でも、そうして行こうと思いますので、
…そのようになっていくことでしょう。
少しずつ、すこ〜しずつ想念を行動にしていくこ。自然に、しぜ〜んに、無理なく、住まわれている方にも、私達自身の身体や心にも無理なく、やさし〜く併せていけたら、奏であえたらいいですね。その時本当の【織り織りのうた】が聴こえるでしょう。

『三陸のともしび』の活動
これまで同様
①月1回の週末ツアー…被災を知る、今を知るツアー。11日を周辺とした㈯㈰(第2週目)に実施。
②インターネットによる呼びかけと報告…参加できなくても「いま」をお伝え。
③国、県、町の復興企画への協力
④暮らす人の「声」を聞く。一緒にこれからを考える。

【織り織りのうた】の活動

①岩泉工房は機織り専門の場所、小本仮設4−8は、作業場。下記を行います。
 ⅰ)古布受付場
 ⅱ)織りの材料となる横糸制作(古布を割く)
 ⅲ)その他、手しごと→古布によるリサイクル商品制作、割き布による【編み編み】
 ⅳ)お茶のみ場(笑!。。。結構大事デス)
②時間の流れ(縦糸)を感じながら今(横糸)の状態を理解するために、ヨーガの実習を定期的に実施
 小本 毎週㈭
 岩泉 毎週㈬
 それぞれ早朝ヨーガ/朝ヨーガ/ゆふべのヨーが/よるヨーガ
 それぞれに朝ごはん、昼ごはんが出ます。(寄付金歓迎)
③自然と生きる暮らしの提唱
 ⅰ)「野草」に学ぶ。野草は自然が生み出したの名医中の名医です。山は海は川は一流の大総合病院!
   季節の野草茶や野草の使い方を紹介します。
 ⅱ)主食と一汁一菜の丸ごと食の提唱で自然力アップ
   血や肉をいただかず、野菜、草、実、蕾、花、根をいただきます。
 ⅲ)生活用水の見直しで鮭さんカムバック!洗剤を使わない、シャンプーを使わない生活
   鮭がもどってくるといいね〜
   塩撒きをやめてしまいましょう!
   川を綺麗にしよう〜
 ④②を月毎のテーマにし、『三陸のともしび』月例ツアーと併せて企画し、活動実践していく。

実際に動き出すのはGW明けのようです。
岩手の春とともにスタートでしょう。。。
「する」ことはしていきません。
「なる」ように併せながら、奏で合いながらのことですから〜。

広告

About 織り織りのうたプロジェクト
三陸いわて被災地から手仕事を! 「織り織りのうたプロジェクト」は被災地の手仕事を生かすため立ち上げられた支援プロジェクト。東京狛江市と岩泉町の女性たちが紡いだ絆。古布リサイクルの裂き織りヨーガマットや甲あて編みが被災地の女性たちによって織られています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。