【織り織りのうた】岩泉工房と岩泉町「ウレイラ通り」の紹介

Photo by Satoko Yaegashi


山から川へ、そして海へと続く長く大きい岩泉町。
山々は枯れ木の梢に新芽が息吹きほのかな淡いピンク色に、
川は水量は増して小魚が出てきたのでしょう…水辺には鳥が戯れています。
海は変わらず雄大で、本州最東端にほど近い小本の海から昇る陽は、一日一日と待ってましたとばかりに勢いよく昇ります。
本当に美しい自然の営みとその姿です。
この当たり前のように在る自然に全ての教えがあります。

4月27日小本へ。
支援+今度は復興の日々のはじまり。
これまでが今日を与えている…と、「三陸のともしび」を思う。
被災地仕事支援プロジェクトの【織り織りのうた】の本部(古布受け入れ、制作作品発信と配信の場)。
【住所】
〒027−0422
岩手県下閉伊郡岩泉町中島字長内
小本仮設団地4−8
宛名 三陸のともしび
【電話】
まだつけていません。お急ぎの方
「三陸のともしび」への御用
080−5699−8808
プロジェクト[織り織りのうた]への御用
080−5464−1050

上記住所では、織りの材料となる古布を募集しています。
どんな状態でもありがたく頂戴し、皆様の貴重な、思い出深い古布をリメイクし息を注ぎます。

古布であれば、毛糸、タオル以外はリメイクできますので、穴が空いていても結構です。お送りください。
特に織りの素材として適当なのはTシャツ素材(ジャージー素材)やネルです。
時間のある方は、2重になっている部分(袖口・首まわり・裾・縫い合わせ部分)をカットし、生地の状態ですと、大変助かります。それだけでも仕事の一部ですから、手数かけて頂いた場合、この手織りマット制作に関わったことになりますので、ある意味製作者に!

さて、準備。
第1日目(4月27日)
盛岡駅到着。正面の岩手山に挨拶。
手荷物を、駅員さんが助けてくださいました。

岩手県の方は親切だときいていましたが本当に。。。
一日一善を意欲的にすることを呼びかけた2012年ですが、岩手に来ると、こちらがする間もなく、誰かが先にして下さってしまいまして…。すごーくあたたかな思いやりの町。
ナビゲーションのついていないレンタカー。
盛岡から岩泉に向かう道が???
コンビニの駐車場で道を聞いたら
え〜ん(涙)「一緒にいきましょう」と、先頭になって10分以上の距離を一緒は走って下さって。。。参りました。
「せめて、お名前を?」
とききたかったけれど、
聞くことさえできずまま、
「ここを行けばつきますよ」と、去って行った
岩泉に無事到着し「織り」作業場を訪れました。
この新しい場所に移るのは、GW明けでしょうか。
どのように配置しようかと思案中。

いま、岩泉町にある『ウレイラ通り』は町が、町民が工夫を凝らして活性化に向け一団となっています。
町を見護るようにどっしりと宇霊羅山(アイヌ語で「霧のかかる山」)が目の前に聳えます。町のシンボル。山の雪解け水は清水川(しずがわ)へ、町の中を流れ風情があります。
もともとこの地は優秀な文化人の集まる町で、文化の発信地。山々の、大地、美しい龍泉洞の硬水が、穀物を、酒を、酪農を豊かにしたようです。明治乳業が最初に工場を建設したのもこの地。牛乳やバター、チーズなどの開発が最初にされた町なのですね〜。
そう!町興しといったところでしょうか。町の元気は働く場所をつくります。岩泉の元気が被災者を救うのですね。

こちらをご覧ください。

町の真ん中には「横屋手しごとや」が。店内には織物、竹細工、木工品、器など町内を中心に県内の手仕事品がたくさん並んでいます。奥には、築150年を超える大きな蔵を生かして、「てど=手わざ」をミたり聞いたりできる「達人工房・てどの蔵」があります。
[織り織りのうた]も「てど」へ至るか!?被災によって起こったひとつの文化となるといいものです。
作業の工房が、このうれいら通りの中心部へ移動することとなった理由は、こうした町興しの一部に加わることでもあります。
古民家のホコリはらいの大掃除から始まった3月。4月中旬になりやっと完成。もともと織りをされ、我々【織り織りのうた】を力強くサポートして下さった和久石タイ子さんの「うれいら織り」はひと足先に引っ越しを完了させていました。
清水川を眺められる2階の工房の下、1階も紹介しておきましょう。
半分はお好み焼き屋さん「広島屋」。
もう半分は「nadodaano」(などだーの)」です。「てどの蔵 2号店」のよう、若い作家が作る雑貨や小物、古食器、絵本などが並びます。お店の名前の意味も知りたいですね。この「などだーのお」とは話し言葉の中で使われるこのあたりの言葉。オモシロイっ。その話はいらした時にしましょう。

広告

About 織り織りのうたプロジェクト
三陸いわて被災地から手仕事を! 「織り織りのうたプロジェクト」は被災地の手仕事を生かすため立ち上げられた支援プロジェクト。東京狛江市と岩泉町の女性たちが紡いだ絆。古布リサイクルの裂き織りヨーガマットや甲あて編みが被災地の女性たちによって織られています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。