夏バージョン再開!「メヘンディー調 甲あて(綿糸)」 

【織り織りのうた】織手さんは現在2名。
せっせ、せっせと毎日織られています。
また、織りはできないけれど、布処理や編み物の内職でお手伝いいただく方は他8名程。
その編手さんより発信です!
昨年に続き「メヘンディー調 甲あて(綿糸)」申し込み受付スタートです。
ご注文くださーい。

内職は嬉しいお仕事です。
お家で出来る仕事ですから。

織手さんが増えないことにも理由があります。
したくてもできないのです。

車があって内陸まで自分で運転できる
家族が昼間留守になる。家を空けられる
立ったり座ったり、運んだりがある程度できる
創造がすきである
…という条件を満たす方が少ないのです。

小本地区は特に他の被災地区に比べて高齢。昔からの善さが残った独特の地区。ここにいる皆様で、小本らしいことで小本を紹介し続けたいですね。
上記の条件が満たなくて、織れない方による編み物、「メヘンディー調 甲あて」の綿糸(オーガニックコットン)バージョンの販売、再スタートです。

オリジナル商品も受け付けます。
材料を送ってくだされば何でも「こしらえます」と編み手さん。

写真でご紹介です。(写真上でカラー名、値段が出ます)
お申し込みは oriori(アットマーク)tryambakam.jp(*アットマークを@に変換してください)よりどうぞ。

</a

広告

About 織り織りのうたプロジェクト
三陸いわて被災地から手仕事を! 「織り織りのうたプロジェクト」は被災地の手仕事を生かすため立ち上げられた支援プロジェクト。東京狛江市と岩泉町の女性たちが紡いだ絆。古布リサイクルの裂き織りヨーガマットや甲あて編みが被災地の女性たちによって織られています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。