岩手日報エコバッグ再スタート!

小本仮設4−8では、手しごとを推進しております。
被災に遭われた方々のこうした手仕事プロジェクトが各地で起こっています。
日本のモノが豊かなモノとなる時なのかもしれません。
全国から寄せられた古布を利用させていただいて
また日常にある宝物?!を目利きをもってみつけて
心をこめることで、
どんなモノにもこころが宿ります。

本来あらゆるコトモノは、そうやって必要性があって意味や役割があって生まれたのでしょう。
そのことを改めて感じてモノをみつめたい気がします。

さてさて、
新聞を利用したエコバッグ
四万十川で生まれ岩手にもやってきました。
岩手のエコバッグの特徴は
岩手日報を利用していることです。
2011.3.11以来で連載し続けている「被災者の今」を表面に使いました。

仮設では昨年末から制作作業をはじめなかなかの好評をいただいておりまして、
要望もあり、形を岩手風に変化させ再スタートです。

岩手風とは・・・
このあたりでは、女性は手に手にバスケットのような底の広い籠を持っています。
買い物の品がすっぽりと入り、傾きもせず、型崩れもせず、使い勝手がいいことを使ってみて知りました。
人の多い混み混みした中では勝手がわるいかもしれませんが、
すぽっとしていていいものです。
是非お試しください。

また、
パン屋さんや
フルーツ屋さん
八百屋さん
ケーキ屋さん
飲み屋さん
で常設されませんか?販売店さまを募集します。

広告

About 織り織りのうたプロジェクト
三陸いわて被災地から手仕事を! 「織り織りのうたプロジェクト」は被災地の手仕事を生かすため立ち上げられた支援プロジェクト。東京狛江市と岩泉町の女性たちが紡いだ絆。古布リサイクルの裂き織りヨーガマットや甲あて編みが被災地の女性たちによって織られています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。