本日7月27日被災後初のウニの『口開け』

昨日小本地区に漁協組合の放送が流れました。
キンコンカンコン〜♫
『明日、ウニの口開けは午前4時30分〜午前7時の間で行います。』
織手さんは、漁協に務める奥様と、元漁師の妻です。
明日、口開けなんですね。
「そ〜、口開けだあ。今日は早くねないと。」
「みにいこうかなあ〜。見に行ってもいいものなのかしら」(智子)
「はあ、見れるこった。そう、熊の鼻からなら船が行くのがみえるこったねえ。4時に行ってごらん。」
(熊の鼻からみるのね!よし。智子も明日は口開けだ!でも、熊の鼻からは浜が見えるのかな〜。口開けって、どこでするんだろう???)と想像しながら頷く智子。

(4時に熊の鼻ということは、3時過ぎには起きないと!)

前夜21時。夜9時になると音楽が流るんです。
既にしずか〜な小本仮設住宅内に流れます。
みーんな
「おやすみなさい」
の合図だそうです。
この時間に休まないと、漁師は務まらないのかもしれませんね。

さて、今朝4時半。
ちなみに、口開けというのは、皆さん総出でウニの殻を開けることを言うのかと思っていました。
「その時間内、採っていいよ」
ということだそうで、鮭でもアワビでも同じように『口開け』というそうです。
やっとわかりました。

後で聞きました。
漁師さんの話だそうです。
「漁?今朝はおらあ、船乗りだったあ」
「漁師じゃねえこったあ」

水が濁り、見えなかったそうです。
採れなかったという漁師さんの話です。

広告

About 織り織りのうたプロジェクト
三陸いわて被災地から手仕事を! 「織り織りのうたプロジェクト」は被災地の手仕事を生かすため立ち上げられた支援プロジェクト。東京狛江市と岩泉町の女性たちが紡いだ絆。古布リサイクルの裂き織りヨーガマットや甲あて編みが被災地の女性たちによって織られています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。