【織り織りのうた】松屋銀座ギンザエルに行く


松屋銀座の銀座エルさまから
「お友達になりたいのですが」
とのお誘い
ドキ
ドキ
・・

お声をかけていただき、とっても力が湧いてきました。
サポートしていただくことは、私たち仮設で内職をする者の力になります。
仕事支援を企画している私も助けられる思いです。

もしかしたら、この一瞬の一回のこと。
それでもり嬉しい声で。
力になります。

ドキドキ
「うれしいけれど、企画されることに応えられるだろうか?」
(これは、運営しているとりまとめ上、心配している早野という者のココロ)
「ああ、うれしいねえ。応援してくれるんだものお〜、出来る範囲で工夫して、悦んでもらいたいねえ〜。黒かあ。どんな風にしようかねえ〜。時間かかってもいいのかしら?」
と、ただ、「応えたい」という率直な織手さんの声に、結果を気にしている自分と比較した。今に生きる姿勢に学ぶ。

松屋銀座のギンザエル店にて、フォーマルバーゲンが開催され、購入時に古着のフォーマルを回収するプロジェクトが開催され(8月末)ました。目標400着!と友情と愛を注いで開催され、9月に入り、喪服(150着弱)が【織り織りのうた】本部の小本仮設に贈られてきました。

ありがたい!
こころから、ありがたい!!
どうにか工夫し、御心にお応えしたいと思います。

少しの時間をいただきます。。。

広告

About 織り織りのうたプロジェクト
三陸いわて被災地から手仕事を! 「織り織りのうたプロジェクト」は被災地の手仕事を生かすため立ち上げられた支援プロジェクト。東京狛江市と岩泉町の女性たちが紡いだ絆。古布リサイクルの裂き織りヨーガマットや甲あて編みが被災地の女性たちによって織られています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。