12月8日の報告

Exif_JPEG_PICTURE
Exif_JPEG_PICTURE
Exif_JPEG_PICTURE
東京都狛江市。【織り織りのうた】を主催する早野智子が主宰するヨーガ教室「トリャンバカム・ヨーガ・センター」があります。東京では、このヨーガ教室が被災地で今を生きる人々の姿勢に学ぶ拠点となってきました。

【織り織りのうた】のテーマは、
ー三陸と共に織りを繋ぐ 心をつなぐー

わたくしたちが継続してきたことは、手を差し伸べることでも、救済でも、改善でもありません。織りの作業をされる織手様の姿勢、ふんばっている被災地の姿を、きちんと知ることでした。
そして、考えて伝えていくことです。
知ることができ、気づいたからこそ、考えは平和への力になるのではないでしょうか。この東京で(或いは別の地域で)暮らしているからできることを工夫していくこと。
これを継続してまいりましたし、これからも。

狛江のヨーガ教室の皆様や、
これまでを知っている多くの皆様には支えられています。
8日は、実際に織りを見ていただきました。
実際にお話を聞きました。
がんばっていることを知りました。
わたしたちも頑張り、人々の幸せを考えて働く社会人になりましょう!

2012年の制作・売上枚数
共に78枚。
(2011年11月からの全てだと、何と108枚!良い数字!)
この内、本日12月8日の実演会での売上枚数は
7枚
他姉妹商品もたくさん購入いただき
ありがとうございました。

合掌

広告

About 織り織りのうたプロジェクト
三陸いわて被災地から手仕事を! 「織り織りのうたプロジェクト」は被災地の手仕事を生かすため立ち上げられた支援プロジェクト。東京狛江市と岩泉町の女性たちが紡いだ絆。古布リサイクルの裂き織りヨーガマットや甲あて編みが被災地の女性たちによって織られています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。