届いております!古布をアリガトウゴザイマス

ST331173
震災から2年半が経過した今も、こうして皆様から届きます。
心から・・・
こうして支えあいによる暮らしを考えさせられます。
本来「くらし」とは、こうして支えあいによるものであったのではないでしょうか?
支え合えば充分豊かに暮らせるのに、何故そうしないのだろう。。。
支え合えば充分豊かに暮らせるのに、買うのはなぜ?
支え合えば充分豊かに暮らせるのに、それをわずらわしいと思うのはなぜ?
支え合えば充分豊かに暮らせるのに、そして自分も尽くす役割が必要だと、今何をすべきかが正当性をもってわかるのでは?と。
そんなことを感じて受け取っては強くこころに響いています。

7・8月は
☆彡埼玉県さいたま市大宮区寿能町のH.Y様より
☆彡広島県福山市のT.T様より
☆彡千葉県船橋市S.R様㈱布のサンプリングを扱われる会社様より
☆彡静岡県三島のヨーガ・スペース・ビージャの手仕事時間の皆様より(ヨーガ教室内で手仕事の時間を設定されたとお聞きしました。早速私達のヨーガ教室でも開放時間をつくりはじめてみようと思います)
☆彡当校、トリャンバカム・ヨーガ・センター会員様K.S様より
✰そしてトリャンバカム・ヨーガ・センター会員みな様、募金を毎月ありがとうございます。7.8月で2400円募金をありがとうございました。

9月に入ってたくさん!
☆彡府中市のT.K様、マット注文後の古着の郵送☆彡
☆彡神奈川県横浜市戸塚区のF.M様より
☆彡神奈川県横浜市港北区のK.N様より
☆彡東京都港区の㈱TBSテレビ F.Y様より
☆彡当校、トリャンバカム・ヨーガ・センター会員様K.S様より
他にも見落としがあるかもしれませんが
いっぱいいっぱいをありがとうございます。

よくある問い合せ
Q.古着なんですが、織物の素材になりますか?
A. はい。ありがたく頂戴します。最も適した布はTシャツです。送っていただいた古着は仮設にお住まいになっている方に一度お見せしもらってもらいます。その後余ったものは織りの材料のみならず、リメイク品の材料としています。またどうしても着用するにもふさわしくなく、リメイクも難しい古布にかんしてはウエス(船舶などの油拭き)として、布ティッシュとしてビニールに詰めて配布しています。

Q. いつどこへおくればよいでしょうか。
A. ブログのトップメニュー上方にある{古着・古布募集中}からご覧ください。

広告

About 織り織りのうたプロジェクト
三陸いわて被災地から手仕事を! 「織り織りのうたプロジェクト」は被災地の手仕事を生かすため立ち上げられた支援プロジェクト。東京狛江市と岩泉町の女性たちが紡いだ絆。古布リサイクルの裂き織りヨーガマットや甲あて編みが被災地の女性たちによって織られています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。