大きな意味で循環へと向かっている「いま」…

こんなにも一年一年の変化を感じる三年が、これまでにあったでしょうか。

私たちが普段生活をしている中で感じる環境の変化は、
例えば
就職だぁ
引っ越しだぁ
今度娘が中学校だ!
息子が大学受験。
え〜!パパが転勤っ

・・・
就職も何も仕事がなくなった
引っ越しもなにも家がない
入学するもなにも、学校がない、
父がいない
私はいる
だれといる
ひとりでいる

三年前の春に、多くの多くの人が「断たれる」を経験した。
全てが崩壊し、人のみならず多くのいのちが一瞬で絶えたように、消えたようになった。
「在る」現在の状態と まじまじ 向き合った春。
残された一本の木が、「嗚呼たくさんと結ばれていたからそよぐ風を送れたのだ」と、己の姿が周囲によって活かされていたことに気付いた一年目の春。

ありがたい、多くの人々の共感のこころが駆け抜け、窮地を脱することができた…ありがたみの二年目の春。

そして、復旧・復興が続く土地や家、町の流れや今後の体制…目に見えて変化する町並み。目に見える世界の変化と、目に見えない世界の変わらない…以前と同じようにはなるわけがないという流れが浮き彫りになっている三年目の春。

どんな時でさえも
あたらしい瞬間へとむかっている

それが崩壊であれ
死であれ
誕生であれ

大きな意味で、あたらしいはじまりの瞬間なのだと、あなたは…やはりそう言われるのでしょうか。
三年前の起こった大現象もまた、それはそれで誕生であったのでしょうか。永遠にあなたに問い続けています。

3/14 わたくしのヨーガの師からもメッセージがとどきました。
次のブログへ・・・

広告

About 織り織りのうたプロジェクト
三陸いわて被災地から手仕事を! 「織り織りのうたプロジェクト」は被災地の手仕事を生かすため立ち上げられた支援プロジェクト。東京狛江市と岩泉町の女性たちが紡いだ絆。古布リサイクルの裂き織りヨーガマットや甲あて編みが被災地の女性たちによって織られています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。