8月2週目vol.2 古布をありがとうございます

織り織り棚
溜めにに溜めてしまった皆様からの贈りもの。
やっとこココマデ辿り着きました。
開封が遅くなり本当に心無い行為を恥じます。いくらでも言い訳はできますがすべて言い訳でしょう。
今日は時間にゆとりと、お手伝いの方がきてくださり、箱整理ができました。。。

5月10日 奈良県吉野郡のN.A 様 パッチワーク用の小布、和裁用の布もありました。ありがとうございます。
5月24日 埼玉県さいたま市のH.Y様 ヨーガ教室のみなさまのご協力、ありがとうございました。今度遊びに伺いたいな。
6月28日 宮城県仙台市のS.T様 さらしやTシャツをたくさんありがとうございました。布ぞうりにも使います!
7月26日 新宿区西新宿のH.T 様 かわいい色のTシャツすぐに使いました。お手紙もありがとうございます。
同日   佐倉市大蛇町のI.K 様 かわいい切手で楽しくなりました。まだまだ着れるお洋服、いただきました。
8月本日!埼玉県比企郡のT.E 様 古着にTシャツそして麻のパンツなどはまだまだ着れます!ありがとうございます。
同日!!お〜ヨーガ・スペース・ビージャ様!!加藤照美先生、いつもありがとう!手仕事クラスまで設置くださり、今日は3箱も、そしてちょきちょきすっかり端の始末がされていました。
ビージャのみなさ〜ん、ありがとう〜(;O;)

全国からありがとうございます。
いただいた古布は織手の久米子さんが蘇らせていますヽ(´ー`)ノ

さてさて。
これまで、端処理のみの手伝いを仮設の方々がしてくださっていましたが、市営住宅に引っ越しされたり、元在った家が修繕工事され戻られたりと、仮設の仲間もすくなくなりました。
また、一枚の処理に20〜40円支払う計算は売上マットにはされていません。運営上厳しいので織り手の久米子さんが一挙引き受けてくださっているこの頃でした。

織り手 久米子さんより全国のみなさまへ・・・

首んとこと
袖と裾んとこ
脇の縫い合わせのところね。
それからボタンとかチャックとか

そういったところをチョキチョキしてくださって送ってくださると
「助かります。」
また、
あーんまり小さくなった布は、つかえませんのでどうぞお家の台所などで油拭きにしてくださいませ。私はそうしてつかっています。

あ、それからこれまで通り、リボン状にするのは、織りの関係でこちらでします。幅や方向があるんです。お気持ちにいつも感謝しています。もし、端処理してくださるなら、一緒に楽しんでくだされば幸いです。
重ねていつもありがとうございます。

oriori no uta  || || ||| || 

広告

About 織り織りのうたプロジェクト
三陸いわて被災地から手仕事を! 「織り織りのうたプロジェクト」は被災地の手仕事を生かすため立ち上げられた支援プロジェクト。東京狛江市と岩泉町の女性たちが紡いだ絆。古布リサイクルの裂き織りヨーガマットや甲あて編みが被災地の女性たちによって織られています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。