9月15日便 秋一番

久米子さん9月2週2014

先日13日土曜日。
9月の2週目。三陸は小本、織り織りのうたの工房へ。
素敵なマットが織り上がっていました。
2週間で6枚も織り上げてしまったというので驚きました!
お盆中休んでいたからぁ〜…と織手久米子さんは現在小本地区の仮設住宅に暮らしています。

震災から3年、3月末に復興住宅が完成し新しい歩みがはじまっています。
盆までにと、引っ越しの移動が一段落。
この仮設は当初ニ年間と計画され仮設されました。現在暮らしている方は自宅を建築される方々です。あと、どれくらいになるのか…小本地区の土地整備、開発が静かに見守られすすんでいます。

さて
本日配送されますのはすべて静岡県!
静岡にはヨーガの仲間、加藤照美先生のお教室「ヨーガ・スペース・ビージャ」があります。
ビージャでは手仕事時間があり、織り織りのうたの工房へ時折古布を送ってくださいます。
それもTシャツの端処理をしてくださって…
そこから拡がってるのでしょうか?ありがたいことですし、本当にすばらしいヨーガマットだと、3年使い込んだ私も思います。
やはり、手織りということなのでしょうか。
丈夫。
つかう程に馴染む。
当初、ポーズで滑るとか、マットが縒れるとか…そんなお声に対応したこともありましたが
いやいや
つかってみると
縒れるようなアーサナなのです
すべるようなアーサナなのです
マットが教えてくれました。
互いにやさしいアーサナの姿勢を知ることができました。
これは思ったよりもすんごいマットです(*´。`*)

手作りということ
モノが人を生かすということ

何よりそういったことを感じながら
モノの価値観ではなく、モノの意味合い、心が広がるといいなあと思います。

静岡県沼津市大岡のI.S様 プレンゼントのこと♡ 虹グラデーション
静岡県御殿場市川島田のI.K様 虹グラデーション
静岡県駿東群長泉町下土狩のS.K様 山 秋山を選びました♪
お待ちくださーい。明日届きますm(_ _)m

山1

山2

山3

虹1

虹2

広告

About 織り織りのうたプロジェクト
三陸いわて被災地から手仕事を! 「織り織りのうたプロジェクト」は被災地の手仕事を生かすため立ち上げられた支援プロジェクト。東京狛江市と岩泉町の女性たちが紡いだ絆。古布リサイクルの裂き織りヨーガマットや甲あて編みが被災地の女性たちによって織られています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。