2015年も「いのちの輪」が廻りつづけます!

 e69db1e58c97e382b9e38388e383bce383aae383bce4b985e7b1b3e5ad906

みなさま

震災2011年4月よりはじまりました『織り織りのうた』も
このお正月でとうとう3年9ヶ月を迎えました・・・。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

振り返れば、こんなにも長い間続けることができていること、
今もってみなさまに応援していただいているこの事実を、ほんとうに有り難く思います。

そして、ほんとうに、ほんとうに、ありがとうございます。

津波で家族、家、すべてを失った人達をなんとかして助けたい。
あのとき日本中の人達がそう感じ、思い思いの行動を起こされました。

わたしたちの思いや行動もその小さなひとつにすぎませんでした。

わたしたちは、その小さな願いを『織り織りのうた』という「いのちの循環」にゆだねることにしました。

 すべてのものは、地球から生まれたかけがえのない、いのち。

 使われなくなったものに、もう一度いのちを吹きかえそう。

 先祖が大事に培ってきた手仕事の伝統に還ってみよう。

 もう一度いのちが、生き生きと輝きますように。

 ただ、この大地の「いのちの循環」にゆだねてみよう、と。

その輪は、静かに、ゆっくりと、廻りつづけています。

この小さな祈りが、津波で家を流された人たちの暮らしをゆっくりと潤し、

たずさわるわたしたちのこころまでも潤しはじめました。

その輪は、静かに、ゆっくりと、廻りつづけています。

「織り織りのうた」を唄いながら

 「オム・マニ・ペメ・フム」

 Om・Mani・ Pedme・Hum

みなさまのご支援に心より感謝申し上げます。

ありがとうございます。

広告

About 織り織りのうたプロジェクト
三陸いわて被災地から手仕事を! 「織り織りのうたプロジェクト」は被災地の手仕事を生かすため立ち上げられた支援プロジェクト。東京狛江市と岩泉町の女性たちが紡いだ絆。古布リサイクルの裂き織りヨーガマットや甲あて編みが被災地の女性たちによって織られています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。