2015年3月14日―みちのり ― vol.3

今月の織りは虹
 3月の『織り織りのうた』
 ご注文の「虹(にじ)」が織り上がりました。
0314-niji1

 色ごとにグラデーションになっていました。
 
 どのくらいの間送ってくださってきた古布を見つめて
 どのくらいの間並べて触れたり眺めては また並べて
 どのくらい黙って織り続けるのでしょう

あぁ〜待って
 最後の検品をしなくちゃ
 丁寧に触れて、眺めて
 鉤棒で端布をちょこっと押し込んだり、引っ張ったりしていらっしゃいます。
0314-niji2

織りのうた
 織りのうたが、時のうたが聴こえてきました。

扉をあけて
 帰り際
 扉をあけてくださいました。
 「あーきれい過ぎる、よくわからないコンクリート!」
 「こんなにしたから、雨が降るとぜーんぶこっちにながれてくる!
 工事するとき、こうなるよぉ〜って一言いわさってくれたら教えるのに!」

 この向こうを思えば幸せなんだけどぉ

 扉を開けてコンクリートの向こうを
 いつも変わらない、いえいえ、いつも変わるけれど、
 生きた色を変容させ感動のちからをくれる海を見られるのですね…
 
0314-koubo-mae

 

広告

About 織り織りのうたプロジェクト
三陸いわて被災地から手仕事を! 「織り織りのうたプロジェクト」は被災地の手仕事を生かすため立ち上げられた支援プロジェクト。東京狛江市と岩泉町の女性たちが紡いだ絆。古布リサイクルの裂き織りヨーガマットや甲あて編みが被災地の女性たちによって織られています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。