10月1日便 海ノムコウへ〜

IMG_2971
このマットは
織手の久米さんご自身が
「いや〜これいーくできて(よく出来て)」
とおっしゃったこちら。
海マットに陽のオレンジ、途中紫がオレンジを反映するように仕上がっています。

神奈川県平塚市めぐみが丘のO.A様
実はこのO.A様は古布や古着をお送りくださった方でもあります。
古着は素敵なものばかりで、リメイク前にもうしばらくおしゃれさせていただこう…と頂いたりしました。

ありがとうございました。
10月1日に届きます。

Om tat sat
oriori-no-uta

広告

About 織り織りのうたプロジェクト
三陸いわて被災地から手仕事を! 「織り織りのうたプロジェクト」は被災地の手仕事を生かすため立ち上げられた支援プロジェクト。東京狛江市と岩泉町の女性たちが紡いだ絆。古布リサイクルの裂き織りヨーガマットや甲あて編みが被災地の女性たちによって織られています。

One Response to 10月1日便 海ノムコウへ〜

  1. ありすけ says:

    こちらこそ素敵なマットありがとうございました!綺麗な布草履まで付けて頂いて…こちらの方が感謝の気持ちでいっぱいです。
    無事に届いたことと、お礼の返事を出す宛先が分からなくて気になっていたのですが、久々にブログをのぞくと我が家にきたマットが!!(笑)
    シャツ類は織り用に割くのに不便かと思いボタンは全て外してお送りしましたが、リサイクルできそうなのであればそのままの方が良かったですね。数年着ていない、箪笥の肥やしになっている衣類が他にもありそうなので、またまとまったらお送りしますね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。