9月24日vol.3 ありがとうございます!

%e3%81%8a%e5%bd%bc%e5%b2%b8%e5%9b%a3%e5%ad%90
8月末の台風以来の来訪。
織りものの「先生」です。
そして働きもの様です。
何でもなさいます。暮らしの手は大きくて大きくて
今日は工房に
朝採りきのこ。アミタケや白い木耳かしら?たくさん!
そして、うわーお団子です。

「さあ、食べて!」と。
その手には送られてきた古着のセーターを解いたのでしょう
縮れた糸籠が
そしてなんだろう、模様編みが見えます。編み物をされて待ってくださっていました。

(T人T)

5年間毎日織ってきました。
この台風では 引っ越しされた新築に被害はありませんでした。
ただ、田んぼや畑は水が入り、今年の作物は全部☓。
米も豆も、野菜も。
さてね・・・どうやって冬を越そうかぁー

周辺の道路、また中島地区はたいへんなことになり
防災センターにたくさんの方が。
おむすびを順番で作りにいっているということでした。
「わたしたちもそうしてもらったから、今度はわたしたちがね」
私は、正直…個人的な感想ですが ほんとうに交わす言葉はなく、定期的な来訪者ですが傷つきました。

「たくさん届いたの」
「きれいに洗ってあって」
「この方は端を切って始末してくださってねー」

8月半ば 東京都品川区荏原の桑畑さまありがとうございます。
9月2週目 東京都荒川区荒川の船坂さまありがとうございます。
9月4週目 兵庫県尼崎市神田の小寺さまありがとうございます。
2014年にも送ってくださった愛知県名古屋市昭和区の堀江さまありがとうございます。

Tシャツ。特に鮮やかな色のTシャツが古布でございましたらお送りください。
立派なヨーガマットになります。
ベビーマットやタペストリーとしてもご愛用いただいています。

2016%ef%bc%8e9%ef%bc%8e25%e2%88%922

広告

About 織り織りのうたプロジェクト
三陸いわて被災地から手仕事を! 「織り織りのうたプロジェクト」は被災地の手仕事を生かすため立ち上げられた支援プロジェクト。東京狛江市と岩泉町の女性たちが紡いだ絆。古布リサイクルの裂き織りヨーガマットや甲あて編みが被災地の女性たちによって織られています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。