6月2週目①ー岩泉

盛岡から 岩泉町へ
盛岡はチャグチャグ馬っこ 
岩泉はつぴたあれ岩泉でしたよ。
今年で3回目?かしら…手仕事市。
もともと文化の発祥うれいら通りはてど(手仕事人)が多くいらっしゃいます。
ここに離れた地区からも手仕事人が集う日。

暮らしのてどを大切にする岩泉町の姿勢です。

若い力が溢れていました!
応援!何か新しいパン屋さんがてどの蔵の内部にオープン?!

東京からやってきた若人によってはじまるようですよ。
もっかオープンしながらの修行中!でした
うーんさすが!仕事に学ぶ毎日。

まさにヨーガの理論と実践、2つの道を同時に歩む姿勢ですね。
こうやって日、一日、一日と岩泉の土地の人たちと同じ志しで
岩泉の土地になっていくのでしょう〜(^人^)

町にはたくさんの人が来ていました。
ヨーガ教室は商店街の商店の生徒さんもいらっしゃいます。
今日は岩泉にはるばるいらして方のおもてなしかしら。

わたくしは、初めて訪れたときから岩泉にはヨーガとまったく同じ、それがある!と生きる力を感じました。
ただ、日々、工夫を見出すことはたいへん根気と努力、尽力、エネルギーを使います。
そう、生命の活動エネルギーを注ぐのですから命がけです。

だからこそ、ヨーガの教示や暗示がきっとお役立ちに…と思っていました。
しかしわたしは東京のモン
やさしくわかりやすく広めるには
馬が馬の主人に引かれて安心のように、
ヨーガは土地の人によってわかりやすい言葉と姿勢で伝わるのが良いのです。

こうして7年目になります。
ヨーガを伝える担い手となる方が自然に必要だといって起こるなら
岩泉の清水川が春にせせらぐように
山々の樹木が生活に役立つ墨となるように
力を発揮するかしら〜と
思う、また思った週でした。

目に見えるものは変わっていきます。
価値観にあたるのか、好みや良し悪しも変わります。
互いに称え合う力のバランスで
楽しく豊かな暮らしの象徴となる土地になりますように!

広告

About 織り織りのうたプロジェクト
三陸いわて被災地から手仕事を! 「織り織りのうたプロジェクト」は被災地の手仕事を生かすため立ち上げられた支援プロジェクト。東京狛江市と岩泉町の女性たちが紡いだ絆。古布リサイクルの裂き織りヨーガマットや甲あて編みが被災地の女性たちによって織られています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。