買うことと売ることについて

今朝、注文の方に返信メールでした。

そのをあたためて広まっていくよ。
今朝承りました!ってお返事したよ。
ご希望は東京のヨーガ学院の方でした。

買うことと売ることについて (ある有名な詩人のうた)
織り織りうた

大地は恵の実りを生み出す。大地はすべてを生む。

大地からの贈り物を
交換し合うことこそ交感であり、豊かさと満足ので満たされる。

交換はしく愛をもって行なわなければ
貪欲と飢えを導いてしまう。

人は自分の手を満たすすべさえ知っていれば何も足りなくなったりはしない。
市場には海や畑、園で働くものが集い、機織りや焼き物師、樹木のエキスや香辛料など集める人と出会う。
人が集まったら大地の主を呼び出そう。
価値を正しく計ってもらおう。清めた秤(はかり)と錘(おもり)で 共に数を数え合おう。

手ぶらの人は取引に入れてはいけない。
そういう人は言葉で労働を買っていく。だから言ってやろう
「一緒に畑へおいで。一緒に網を投げよう!陸にも海にもあなたの分はちゃんとあるよ」

歌をうたう人
踊りを踊るひと
笛吹きがきたら 彼らの才能を買おう
彼らの持ちものは夢でできているけれど
それらは魂の衣装となり、食べ物となるのだから。

市場を出る前には 何も持たずに帰る人がいないことを確かめ合おう

大地の主はいちばんちっぽけな者さえ満たそうと与えてくださる。

 

 

マットの注文でした。
あたたかなメッセージと共に。
今度の4週目㈯、三陸小本の工房に行く。
お伝えしてきまーす。
どんな風合い(愛)のマットになるかしら。

雪も白一色ですが、案外表情があるのですよ♫
写真は過去の作品です♪

広告

About 織り織りのうたプロジェクト
三陸いわて被災地から手仕事を! 「織り織りのうたプロジェクト」は被災地の手仕事を生かすため立ち上げられた支援プロジェクト。東京狛江市と岩泉町の女性たちが紡いだ絆。古布リサイクルの裂き織りヨーガマットや甲あて編みが被災地の女性たちによって織られています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。