9月4週目 のことー③

つなげるワーク
活動する
経験していることを活かして動くこと。
これも経験させていただいたことへのお礼。わたしたちができるつなげるワーク。

来訪するとご報告したいお話はいっぱい。
織手久米子さんもいつもたくさんたくさんのお話をしてくださる。
ここ、オモトの2週間をお話くださって
わたくしは。。。
環境は大きく人に影響を与えることを
環境によって世界が異なることを
つなげることによって世界が広がり隔たりが無くなることを感じるの。

これらの報告は『織り織りのうた』ニュースでお読みいただけます。
10月号はこちらから。

インド高僧へ贈呈!
昨年2016年に制作していただいたサフラン色のマット。とうとう今年の来日講座(9/2〜3)にお渡しすることができました。
織り織りのうたマット。2008年には白マット+茗荷藁のマットが、そして今年はこのサフランマットがインドは聖地リシケーシへ。
やっと久米子さんにご報告だわ
と、思いましたが今月はご来訪できませんでした。久米子さんは大地の恵を活かす活動にもっかお捧げ中!
畑の豆は食事の中心であり、畑を肥やす。
根菜は冬に向けて準備準備。
海も次々と口開けとなり、働くことが命の泉!と総長3時から海に出る
そして家と仕事の行き来の合間では 良好な油分で身体を円滑にする胡桃拾い。

急成長したインドですが「織り」は昔から日常にあったもの。インドは綿の発祥地であり染織文化の宝庫。模様も繊細で檻も緻密。絣と浮き織りを同時に織り込むなど多様な技術が継承されています。
世界では洋品は大量生産され、それ以上に日々大量の洋品が廃棄されます。
価値が財産や名誉ではない、大地にあり、その土地と共に暮らしを営む場所では衣・食・住は友だちです。暮らしへの礼拝。衣食住、儀礼やヨーガは捧げものです。どんな仕事も供物への働きです。

わたしはそうした姿をここ岩手県に来て実際に感じ、触れることができました。
話には聞く、テレビでもそんな様子を放映するけれど、実体験で感じるのです。
ありがとう織り織りうた
tomoko

広告

About 織り織りのうたプロジェクト
三陸いわて被災地から手仕事を! 「織り織りのうたプロジェクト」は被災地の手仕事を生かすため立ち上げられた支援プロジェクト。東京狛江市と岩泉町の女性たちが紡いだ絆。古布リサイクルの裂き織りヨーガマットや甲あて編みが被災地の女性たちによって織られています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。