【織り織りのうた】の奏でを夢みて・・・♪

4月便でお送りした杉並区のS.Eさんからお手紙が届きました。
(文面の一部より。掲載のご許可をいただきました。)
「ありがとうございました!昨日、1つを高校時代の親友に、誕生日プレゼントとして渡してきました。
彼女もヨガスタジオを運営しているので大変よろこんでくれ、ぴったり誕生会に間に合ってよかったです。」「ずっとこのマットと過ごせればと思っています。」「大切なものがある生活って素敵ですね。」と。

手織りのヨーガ・マットを通じて、互いの応援ができたりしたら、このマットは私たちの間をつなぐ楽器のようになるな〜
「すべてに原素の地水火風空はあるが、それだけでは自然は成り立たず、維持する生命力が必要。」これはヨーガの教典『バガヴァッド・ギーター』7章にある「真実を知る」について説いた言葉ですが、こうしたときに思い出されます。(バガヴァッド・ギーターの学習会はこちらから→http://www.tryambakam.jp/cms/2021/01/27/毎月開催%E3%80%80成瀬%E3%80%80貴良先生との学習会/)
マットも、モノの価値や利己的の活用なら寿命は短いでしょうが、そこに生命力がある時(互いに維持したいという願いの根本を知る時)、そのモノは長く保たれたり、継続されていくのでしょう。

お手紙ありがとうございました。

【織り織りのうた】は2011年4月に発起し、その運営はヨーガ教室トリャンバカム・ヨーガ・センターの協力でできました。
ヨーガの哲学と実践が一つになったヨーガをお伝えしています。ヨーガの長所を日常に落とす実践の場として、この【織り織りのうた】への支援・協力活動があります。
oriole-no-uta

紹介 織り織りのうたプロジェクト
三陸いわて被災地から手仕事を! 「織り織りのうたプロジェクト」は被災地の手仕事を生かすため立ち上げられた支援プロジェクト。東京狛江市と岩泉町の女性たちが紡いだ絆。古布リサイクルの裂き織りヨーガマットや甲あて編みが被災地の女性たちによって織られています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。