7月15日便 今日が未来だよ!

虹・グラデーション『今日が未来だよ』

7月15日便が出発〜 🕊
わたしたちはマットに名付けます。
見ていると、だんだんと・・・
なんとも力が湧いてくる、勇気や励みをいただく明るさと広がりがあります。
『今日が未来だよ』と名付来ました。
いまのこの満足や充足感を、心配して不安に思わず、想像をあれこれせずに、
思うままの喜びを広げていきましょう〜!

狛江のヨーガの会員のK.Sさまへ。

教室の皆さんも一緒に広げたマットを見る機会になりました。
「織るのにどれくらいかかるのですか?」会員の方からの質問でした
「頑張れば・・・
①縦糸を立て、
②綜絖通しまでに1〜2日間。
③縦糸を機織り(はたおり)機にかけて
④縦糸を巻くのに、1日、
⑤横糸になるTシャツを選んで、並べて、イメージを作って準備とカットに1〜2日。
⑥そして織りに2〜3日
⑦仕上げに1日。
こうした工程を熱心に向かえて10日。
けれど、私たちもそうですが、合間にいろいろ入るものです。
まして、織手さんの主は、ご主人様の漁の手伝いや後の処理です。
そして、80歳を超えられました。
そのために、2ヶ月の時間をいただいています。
しかし、ゆとり持ったつもりでも、漁や畑仕事の合間でせっせとやって、その時間がかかるのです。」

「それだけ向き合ってもらってこの値段は安いですよね!」
「贅沢ですね〜」
わたくしは何も応えられませんでした。

望むモノが近くにあって、モノと暮らすこと自体とても贅沢でなんです。
本来、モノとヒトはそういう関係だったと思います。

値段というのも、そもそもが向き合ってくださることへの感謝の謝礼です。
この辺りがすっかり、わたしたちの感覚から薄れてしまっているのではないかしらと
応えられない時間が流れました。


oriori-no-uta

紹介 織り織りのうたプロジェクト
三陸いわて被災地から手仕事を! 「織り織りのうたプロジェクト」は被災地の手仕事を生かすため立ち上げられた支援プロジェクト。東京狛江市と岩泉町の女性たちが紡いだ絆。古布リサイクルの裂き織りヨーガマットや甲あて編みが被災地の女性たちによって織られています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。