織り織り千葉のin styleへ行く!

千葉in style
tiba
今日は、千葉駅にあるin style というヨーガスタジオで、ヨーガ・ライフ・ソサエティの顧問講師であられる成瀬貴良氏のワークショプvol.3がありました。
【織り織りのうた】もいつもくっついて行きます。最終回3回目の今日は、皆様に改めて【織り織りのうた】ヨーガ・マットやメヘンディ(甲あて)を、被災地での活動の様子を紹介しました。
初対面のM様より寄付金をいただきました。応援をありがとうございます。活動運営支援金として収めさせていただきます。
また、今日参加された幾人もの方から「素敵なマットですね」「Tシャツで作っているなんて」「是非申込みしたいと思います」とお声かけいただきました。
この様子を、土曜日に仮設の工房へ行きますので、織手さん、お手伝いのみなさんに伝えます。

広告

2年目の今日

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
2013.3.11.
今日のテレビはどこも震災2年目を伝える報道。
新聞岩手日報もラジオ岩手放送(IBC)も。

一日前、3.10は日曜日。
小本では、慰霊祭が執り行われました。
この時間、私は岩泉町の皆様とヨーガをしながら黙祷を。
主人は慰霊祭に出席しました。

慰霊祭はあるけれども、前々から予定していたヨーガ教室を優先しました。
それには、いくつか理由がありますが、
「そうしなさい」
と、心の奥でヨーガの声がしたからです。

震災から2年。
復興復旧は、遅いとも早いとも。。。
どちらにせよ、その話題は、市町村や国の方針の会議の進行をみているだけのこと。
大切なことは、
大切なのは、
ひとりひとり様の心が
復興復旧している。

震災を機にできることから始めようと訪れて2年目。
実家のお父様にも今朝、
「君たちが通い始めて2年になるよ。」
と一言。
そう、ことはじめの2年は充分な時間になりました。

私たちは、これからもまだしばらく通うことでしょう。
そのテーマはただひとつ。

【人の暮らしとは】

人の暮らす環境(場所)とは
人が必要な環境(もの)とは
人と自然が共存するには
人と人も共存するには

衣・食・住は、個人個人の責任であり、欠くことのできないことでありますが、あらゆるものを思いやって謙虚に衣食住をもって生きる。

【織り織りのうた】は、「衣」の部で一層広がるよう工夫し精進しましょう。
古布のリサイクルによって、ヨーガ・マットのみならず、日常着の提案、生活布(雑巾、布巾、生理用品、おむつ、布ティッシュ)の制作を始めることにしましょう。
被災者も、今は「てしごと」のできる環境、また気持ちの方は以前より減りました。
ご自分のお家のこと、これからのこと、どんどん過ぎ去る時間の中ですから、わかります。
老いもすすみました。目や手先が効きません。
このプロジェクトを始めた時のように、まず私が、ひとりコツコツと始めればいいのです。
被災地に限らず、今この時代に、モノというものを考えなおす意味でも、古布利用をしていきましょう。
忙しい身なので、出来る範囲ですが・・・。

「ふんばろう東日本支援プロジェクト」様からいただいたミシンを、いざ!活用させていただきます。

oriori-no-uta tomoco….