限られた期間

限られた期間。
12−4月は工房へは行かれません。
お互いにそれぞれの持ち分、役目を準備しながら春を待ちます。

お休み期間も、古布をお送りくださった
愛媛県東温市のY.Mさま
愛媛県岡崎市のO.Kさま
千葉県印西市のO.Tさま
ありがとうございます。
荷を詰めるのもお送りもひと仕事です。ありがとうございました。
さっそく活用させていただきます。

織り織りうたでは、以下の古布を募集しています。
<手織りのマットにリサイクル>
◎Tシャツ
カラーTシャツ
白Tシャツ 染の「いろはうた」マットや、真っ白の 雪(ゆき)マット になります。

桜の木。芽吹く寸前、11月頃のもの。それが一番発色するという。




藤。下は×鉄。上は×銅媒染。深みのある色。


一面の雪(ゆき)マット

    
◎浴衣・着物
ぬの草履になります。

◎毛糸
冬の楽しみにさせていただいています。

いつも心の通いをありがとうございます。
織り織りうた ||  | | ||| | | 

広告

明けの タラ坊

タラボウこと、タラの芽が岩手新聞に包まって届きました。


冬が明け、春が来た。

織手 三浦久米子さんは毎日道を歩くとか
工房から自宅も結構な道のりだけど…
みなさんよく歩かれます。働き者です。

そこで採ってくださったのがこのタラの芽。
周囲の野山は…美しい淡くも力ある色でしょう。
あゝ…丁度今ころの 土地の皆さんの食卓は山菜や磯つくしかぁ〜…

被災をきっかけに岩泉町の人や小本の人との暮らしを経験させていただいたことは 私にとって宝です。
ここ東京に居て、
例えば食卓を見る訳です。

たくさんの家庭があって、どんな形であれ食卓を囲んだ時間があるでしょう。
そこは どんなものかしらと ちょっと想像します…。
テレビが流れて画面は無関連性の情報が次々と連続…
話題は今のことではなく、見えていることへの反応。
或いは学校や会社での人とのこと、愚痴?嘆き? 
イライラ食卓にならなければなぁ…と祈ります。
今している食事について 作ってくれた人や、口に運んでいるものについての話題はあるかしら?と回想。
食材についての話題は、見聴きした情報を伝えたり、スーパーで会った隣人から聴いたおススメの話しや宣伝文句でしょうか。

タラボウ 採ってきたよ〜
山の色、海の色、漁や畑仕事の話しなら愚痴も次への糧、さあ、じゃあ明日はそうすっぺ!と善いではありませんか!
自然からの恵みは食卓の坊ちゃま。

なんて幸せなご馳走でしょうか!
最高のご馳走!
オーガニックだの無農薬だの 健康にいいとか病気にならないと気遣われ、美味しそうに盛られた食卓も
きっかけには良いものですが
食卓にその日の生命力を労い、讃える坊ちゃまが坐るなら花が咲く。
それだけでご馳走のうたが 腹を、心を満たすでしょう。

2018. 4.30
織り織りうた ||  | | ||| | | 

平成30年度 第1号

「ラベンダーの香の」


長い冬から明けて。
限られた通る時期は4月〜12月。

届いたのはやわらかなラベンダーカラーの淡い虹(にじ)グラデーションマット。
母へ 
「ラベンダーの香の」
岩手は三陸から
愛知県岡崎 O.K様へゆきます。

楽しく、また歓び合うマットとなると良いです。

その他 二度目のご注文
山(やま)「燦めく里山」
30〜40㎝ のご注文でした。身近な場所が豊かな山と化すでしょう!

2018. 4.30
織り織りうた ||  | | ||| | | 

5月1日便 虹「ラベンダーの香の」・山「燦めく野山」・海「磯波の春」

経て 歌っているよ「間」のうたを・・・ 

3.11前後

「古着をお送りしたいのですがまだ活動を続けていますか?」
「織りのマットを使っています。プレゼントしたい人がいるのですが、まだ織っていますか?」
など、お問い合わせを10件いただきました。

そして工房には古布が届いていました。

愛媛からY.Mさま
愛知からO.Kさま

相次いで南でも災害がありました。
こころから送付をありがとうございました。
大切に、より良く使わせていただきます。
あたたかなお手紙もありがとうございました。

日々起こり続ける、次々と起こるあらゆること
実際に経験、実体験を通じて共感できるものです。
直接的でも関節的でも経験です。

実体験からの気付きは生命の(過去の)経験と結ばれているからわたしたちを振動させるのでしょう。
人によって心の震度の違いは過去の経験との結びつき。

気づいた者から何を願い 何をするのか

わたしたちの活動は続いています。

この時期(12−4月頃)は毎年冬季休憩中。 (盛岡−岩泉−オモト間雪道・凍結)
お返事等遅れているのはそのためです。

冬季休憩を決めたきっかけは怖い経験をしたから。
実際に経験して始めて、はっきり自然の毛並みを逆立てるようなことはいけないと思い「可能」にできるけれどそれを辞めました。
大切で愛おしいと思う土地だったり、そこに生きる人たちの自然な姿勢だから
自然の力を大切にしたいと感じたためです。

同時に、土地と暮らすということのほんとうの意味を知らされました。
一時の経験や旅行で知った気になりやすい、
まして今は一瞬にしてネットを開けば地球の向こうを知ることがきます。
しかし、それは何の経験にもなっていません。

この活動は組織でも支援団体でもありません。
夫婦の自主活動で自費活動。
活動はメッセージを持ってしています。
無理のない範囲で大切にしたいメッセージを胸に続いています。

瀬戸際のとき人は何を思い、何を求め、何をなすか。
双方の心が向き合い、近すぎ過ぎない間が より良い状態を保とうと
形や名前あるものが現れるのかしら…。7年のなかで感じ取り学んだことです。

選ぶだけの時代である今。自らが何をしていくかを忘れてはならないと
土地や与えていただく恵みから、心の智慧を添えて織る人の姿をモノにして伝えられたら良いと思います。

織り織りうた || | | ||| | |

織り織りのうたニュース 2017.12

織り織りうたニュース 2017.12

〶ボランティアさん募集


奉仕活動〶ボランティアさん募集
 名札のタグが出来上がってきてからまもなく2ヶ月が。タグを付けたマットがお送りできるようになりました。
 さて、募集中!
これまで約300名へ配送された『織り織りうた』ヨーガマットの購入者様へ、このタグをお送りしたいのですが、一緒にその配送のボランティアをしてくださる方、いらっしゃいませんでしょうか。ボランティアの内容は、タグといっしょに準備した手紙を送付一覧の方へお送りする手伝いです。
ボランティアいただける方ひとりあたり12名への郵便の送付をしていただければ、一人ではなかなか負いきれず困っていました。
手紙には震災から7年が経過しても継続している近況を添えます。

思い立った方からご連絡いただけるなら!今年の内にできたらお送りしたい気持ちです。
ご連絡をお待ちしております。
080−5464−1050または
oriori@tryambakam.jp

今日12/1便 織り織りのうた 

間にあるストーリー
注文者と織手の間にはストーリーがあります。
いつもその名前を付けます。
先月11/15発 静岡県駿東郡長泉町のK.R様へ『深い海』。
今月12/1発は岩手県花巻市桜町I . M様『煌めき(きらめき)』です。
『深い海』

深海をイメージしていつも瞑想されているとのお話をお聞きしました。海面に鮮やかに映る夕暮れのあかね色は、次第に深く深く…内のなる闇へ…そして内を夕暮れのやさしい光のように照らすでしょう。

『煌めき(きらめき)』


『煌めき』は互いが寄せ合った心です。以前からこのマットを探していたところ偶然盛岡のカワトクデパートの展示で見付け、同県内であったこと、被災地で制作していたと知ったと聞きました。想う心は煌めきの光です。

今年の ✕共同展示


スピンクラフト岩泉
アートネット盛岡との合同展示

第32回目となった盛岡カワトクデパート壱番館でのスピンクラフト岩泉さんとの展示販売会
もりおか町家物語館【アートネット盛岡芸術祭2017】にて3年目の合同展示会(11/4、5)
桜の名所、北上展勝寺(11/21〜26)での展示会が終了しました。

いっしょに応援展示してくださいました。感謝の気持ちでいっぱいであると同時に、もうひとつ満たされた心になりました。それは、同じように世間の多くのことが互いに応援しあってできることがたくさんあると言う気づき。満たされた心は決して先攻的には色つかない。満たされた感謝の気づきによって、そのように暮らそうという想いでいっぱいになるものです。
全てを担ってくださったスピンクラフト岩泉の武田様、アートネットの深沢様、ありがとうございました。
お二人にたくさんの力を教わりました。

どうぞ見に来てください!
展示会でも話題になった写真(上)。このマットは織手さんが織りに描いた『オモトの海』。このマットを見にいらっしゃいませんか?
12/16㈯トリャンバカムヨーガセンター狛江(泉の森会館)で、12/23㈯は盛岡で展示します。
3〜4枚のマットを販売します。(海・山、オリジナル黒など)

 

9月4週目 のことー③

つなげるワーク
活動する
経験していることを活かして動くこと。
これも経験させていただいたことへのお礼。わたしたちができるつなげるワーク。

来訪するとご報告したいお話はいっぱい。
織手久米子さんもいつもたくさんたくさんのお話をしてくださる。
ここ、オモトの2週間をお話くださって
わたくしは。。。
環境は大きく人に影響を与えることを
環境によって世界が異なることを
つなげることによって世界が広がり隔たりが無くなることを感じるの。

これらの報告は『織り織りのうた』ニュースでお読みいただけます。
10月号はこちらから。

インド高僧へ贈呈!
昨年2016年に制作していただいたサフラン色のマット。とうとう今年の来日講座(9/2〜3)にお渡しすることができました。
織り織りのうたマット。2008年には白マット+茗荷藁のマットが、そして今年はこのサフランマットがインドは聖地リシケーシへ。
やっと久米子さんにご報告だわ
と、思いましたが今月はご来訪できませんでした。久米子さんは大地の恵を活かす活動にもっかお捧げ中!
畑の豆は食事の中心であり、畑を肥やす。
根菜は冬に向けて準備準備。
海も次々と口開けとなり、働くことが命の泉!と総長3時から海に出る
そして家と仕事の行き来の合間では 良好な油分で身体を円滑にする胡桃拾い。

急成長したインドですが「織り」は昔から日常にあったもの。インドは綿の発祥地であり染織文化の宝庫。模様も繊細で檻も緻密。絣と浮き織りを同時に織り込むなど多様な技術が継承されています。
世界では洋品は大量生産され、それ以上に日々大量の洋品が廃棄されます。
価値が財産や名誉ではない、大地にあり、その土地と共に暮らしを営む場所では衣・食・住は友だちです。暮らしへの礼拝。衣食住、儀礼やヨーガは捧げものです。どんな仕事も供物への働きです。

わたしはそうした姿をここ岩手県に来て実際に感じ、触れることができました。
話には聞く、テレビでもそんな様子を放映するけれど、実体験で感じるのです。
ありがとう織り織りうた
tomoko

10月号 織り織りのうたニュース

こちらから<10月号『織り織りのうた』ニュース>の印刷が可能です。
この記事は9月の2・4週目の訪問の報告をまとめたものです。こちらから詳細閲覧できます。

いつもありがとうございます。

織り織りうた
tomoko