手織りのヨーガマットの元祖

やさしい風合いのグレーピンク色「冬の朝」。インディコ(藍染)風の「夜の海」

2011年4月。被災地でヨーガをするとき
ビニール素材の上質なヨーガマットを持参する気持ちになれなかった。
何か…心安らいでいただきたかったので
あたたかで、お騒がせのない上に坐っていただきたいと思ったのでした。

ヨーガに通う東京狛江市や調布市の生徒さんが
2台の織り機で空いている時間をつなぎ、織りあがっていったマットは、3ヶ月で37本に!
それを被災地にの方にプレゼントしながらヨーガ体験いただきました。

あれから8年。
被災者が手織りのヨーガマットを制作する「織り織りのうたプロジェクト」は
今では一人の織手 三浦久米子さんが今でも制作くださっています。

ヨーガが生まれたインドでも、現在では逆輸入ヨーガとなっていますから
マットもすっかり 織物から人工的なものになりました。
機能も優れ、高性能。広まるは当然。
しかし、その「性能」「機能」「優れた」とされる点って
ヨーガにとって…「優れモノ」と言えるのかしら?

それぞれの感じ方でございますね😊

一般に良好であり、改善されていく点
・持ち運びが楽!
・適度な厚みと素材のクッション性でどこでも快適!
・アーサナ(体位)がキマる!
・最近では素材が身体の性質を助けてくれるマットもある。

織り織りのマットの特徴は
・少々重く持ち運びは不便です。
・古布の再利用で織ったマットです。
・立位のアーサナでは滑ることもありますが、自分の重心の状態がよくわかります。平等なら比較的問題ないです。
・洗濯して日に干したりできます。

【購入・問合せ】
ご希望の方は下記までご連絡ください。
お持ち込みの古布でお好みの色合い、大きさで織ることも可能です。
ベビーマットや玄関マットにされる方も多くいます。
最近では、類似商品も多く見られるようになりました。
わたしたちは、被災地に未だに届けてくださる 古布(Tシャツなど)を再利用し楽しく織っています。

oriori@tryambakam.jp

【姉妹品】
「色葉うた」
こちらは白いTシャツで織ったマットを
岩手県岩泉町の草木と水で染めています。
写真は
・茜(あかね)
・山桜
・りんご
・マリーゴールド
です。

染は岩泉スピンクラフトの工藤厚子先生の手ほどきで染めています。
通常は羊の毛を染めるので(動物性)よく色が染まりますが、
このマットは木綿の布(たまに化繊)のため(Tシャツ)、色がしっかりと入る風合いではありません。
日に当てると色があせることもあります。

織り織りうた

広告

美しい架け橋の物語


「わざわざ ここにきゃんしたの。」
やー 大船渡で被災して、ずっと織りのこと知っとっで こんど新しい家が建ったって。
引っ越してこのマットを敷くって わざわざ だんなさんといっしょにここさ来てくださって〜ぇ」
「ピンク色が入った海(青系のマット)が欲しいって来て……」
「それから、ちょうど織ってた山マット(緑系のマット)見て、同じ感じのがいいと頼んでいってくださったの」

年末に訪れたときのことでした。
小本と大船渡を繋ぐ長ーい架け橋を見たようでした。
とてもうれしそうに語る織手さんを見れば 互いにとってとても励まし合い(愛)になった瞬間だったんだなぁ〜とわかります。
わたしもとても嬉しくその話に夢中になりました。

あれから8年。

大船渡で同じように家を失い被災した夫婦が
どうやら 小本でのこのマットの活動を知っていて、
新築が建って入居となった機会に、小本の工房まで訪ねてきてくださったようです。

大船渡市松崎町の志田さま
ありがとうございました!
喜んで使ってくださる方ばかりですが、こうして同じ被災者同志が
縦糸 横糸 折りの日々の織り織りのうたマットでつながることは何と素敵な物語でしょう!

仲介人は感動したもののご紹介がすっかり遅くなってしまいました。
しかし、改めて。
忙しく感じるものの変化ばかりでなかなか貫けない毎日の内で、このような美しい物語があることを一人でも多くの人に伝えたいと思います。

織り織りうた

土地のうた vol.3


大きな大根をいただいてしまいました。
人参もです。ごめんなさいっ。
前回のときには、この秋に収穫された貴重なオモトの昆布と
散歩しながら拾ったという胡桃をこれでもかといただきました。
いいえ。これは散歩の域ではないはずです。
聞けば、毎晩のサラダにはふんだんに胡桃を砕いたものをかけられると話されていたので、
一年分をひろわれたのでしょう。

いただいた胡桃は年末交流会で先着2名様に1.3Kづつお分けする予定。。。
オモト昆布も先着様へ〜! お正月にお振る舞いください。

海の漁と山の畑と両方をしてくらす浜人。
山の恵みの美味しい食べ方は山人に聞き、
山人は海の恵みの美味しい食べ方を浜人に聞いて、お互い幸せ😊

また
織姫 久米子さんの暮らしっぷりはずっと以前からもう道が、ヨーガがあるような日々です。
これまで聞いてきた断片的なお話をつなげると、下記のようになりました。
・ 一日の終わりのお風呂では、指を一本一本動かして数を数えて指体操
・ 寝る前には「あー今日も働いたぁ〜 ありがとうございます!」と思いながら
全部息を吐き出す。お腹も胸もぎゅう〜っと小さくして、そのとき足と手の指もぎゅーっと折り曲げるそう。
・ 口開けの朝は3時から漁に出る夫の送り出しと、漁から帰ったときの準備。待つ間は畑に行って畑仕事。
・ 夜明けごろ漁から帰った夫と朝8時までの出荷まで大忙し
・ 出荷をしたら浜から家までは散歩する。そして道端の何気ない花を摘んで飾るのが楽しい!
・ 散歩中は山や海を見て、今度のマットにはこんな色合いがいいなぁ〜と見るんだぁ〜
・ 祭壇にごはんを供えて手を合わせて、それからわたしたちもいただきますよ。
・ 漁の片付け。次の漁の準備をすればもう午後。
・ 昼寝。
・ パパは漁網の掃除やメンテナンス
・ その間 わたしは織り
・ 七輪には、豆や大根、夕食のおかずを作る。
・ 七輪ひとつで順番に煮て、織りの間に2〜3品できるよぉ〜

こうした毎日の中から織り織りうた のマットは生まれています。

土地のうた vol.2

12月8日(土)

引き返そうとは思っても、
① オモト(海側)までゆけば東京と同じ程の気温
② 土地のうた を聴きたいな

が、私をゆかせてしまうのです。
癖なのでしょう(^_^;)

山と清水と暮らす人の町、岩泉町ウレイラ通りを過ぎて
同じ岩泉町でも海とやませ(海霧)と暮らす人の地区 オモトへ。

新しい試み!
これまで、ご注文を受けてから制作しておりましたが。
夏〜秋、さまざまさまざまあって少し織りが間延びしてしまったという織姫久米子さんは、
リズムを戻すためにも
一色の縦糸で海マットを織られたと…

これが、

「藍」染めのようなの! と。

その他、ピンクグレーマットというのを、
ベビーマットを、という注文が案外とあるので、
色合いをやわらかにしてみました。

こちらいかがでしょう

両者、12月15日の年末交流会で紹介!販売!一点物です!!
その他、15日のY.L.S.トリャンバカム・ヨーガ・センター年末交流会では
織り織りのうたの姉妹 【色葉うた】(岩泉の草木染)も出ます。
・yamazakura(山桜)
・apple-no-ki(りんごの木)
・yuki (雪マット*染める前)
などです。

織り織りうた

土地のうた vol.1


寒〜い❄盛岡だった今週。
盛岡の厳しさは並大抵ではありません。甘んじていては…甘えはありません。
澄んだ空気!美しい3つの河川!その交点!荘厳な岩手山!青い土地!

景観に見入ると滑ったり、風邪をひきます。
自然と戯れるときは、それなりの準備をして、
準備をした人には、準備しただけの歓びと感動を与えられます。

厳しい土地ですが、準備している人には誠実に応えてくれる・・・そんな土地で
厳しかったけれど、心洗われるような聖地バドリナートのことが思い出されます。

この土地での暮らしで多くを学びました。
どんなにアウトドア派、自然派、体育会系といっても都会生まれの便利育ち。
同時にこなせる都会です。
ながらごと(○○しながら…)は禁物の盛岡。
そのような行為なら、わかりやすいものでその程度で終わります。

実直、正直な人柄を生むのは
そのような土地だからでしょう。
厳しいです。

厳しいけど…その純性が好きかもしれません。嫌いかもしれません。好き嫌いより、たいせつな宝もののように思います。

寒さはよほどのエネルギーをつかうのでしょう。
東京に帰宅してから2日経って、こうして振り返ったり、マイペースをとりもどしまーす。

今年最後のオモト、織り織りのうた工房訪問になりました。
向かう土曜日の朝は、晴れ!快晴!太陽も照りました。「これなら行けるわ!」と、雪が少しでも降る予報ならやめようと思いましたが晴れ!

出発後、山に入ってすぐに…
あれれ雪景色。
そして降ればまだ良いのに凍結!
アイスバーン!
どんなに気を付けてもスリップするかもしれない運のような恐ろしい時間が始まってしまいました!
知らないので余計に恐ろしさから緊張するのです。

途中何度も「引き返そうか」と思いました。

 

織り織りうた

織手さん、募集!


震災をきっかけに、全国から送られてきた大量の用品類。その古布を使って始まったのが手織りのマット制作。
もともとこの岩手県には「裂き織り」がありました。
昔ながらの大きな機織りも見ました。また、全身で織る仕事も見させていただきました。

気軽にお家で『手織りのヨーガ・マット』を作る仕事をしませんか?
【織姫募集】
機織り機でこのマットを織ってみたい方はご連絡ください。
■ 年齢:年齢不問。
・細くも長く続けられる方。
■ 応募資格:どなたでも。
・経験者優遇。
・主婦歓迎。
■ 報酬:例)180センチのマットなら、1本3,500円程度
・この仕事で稼ぎを得ることはありません。
・販売価格より材料費と経費を差引き全て製作者の報酬です。
■ 勤務地:工房(岩手県下閉伊郡岩泉町小本)または自宅(応相談)
※ 仕事を覚える期間は定期的に通っていただきます。


絹をリボン状にして織って、新たに布とし、コートやバッグ、小物をつくる布にする裂き織りです。
この織り織りうたマットは

▶特徴
・Tシャツ布をリボン状にし、ふっくらとした厚みのある織り。
・反物幅は30〜35センチですが、なんと織物常識を打ち破った65センチ!のゆったり幅。

▶用途
私たちが名付けている販売商品名は『ヨーガ・マット』。
東京狛江市のヨーガ教室トリャンバカム・ヨーガ・センターの会員、指導員、関係者みなさまの支援で始まった就労支援活動であった経緯、
マットを敷いた場所が、いつも坐る大好きな場所になりますように、とヨーガ実習も被災地で行なって来た経緯からの商品。
※ ヨーガ・マットとして使用するとき「滑る」という声をいただいています。
立位のポーズをするときのことでしょう。が、一部のことですし、その時はマットから降りてしていました。
>ほか、さまざまなご利用をいただいています。
・赤ちゃんのゴロリン・マット。
・お父さんの回復ストレッチ・マット
・ご高齢者のベッドサイドに。
・玄関マット
・アートとしてタペストリーに

この写真は2011年、被災のあった夏、仮設で織りを仕事にしませんか?と織り体験を開催したときの写真です。

現在織手の三浦さんはこの時「ああ、これをしたい!」と思ったそうです。

2018.6.29
織り織りうた ||  | | ||| | | 

活力


久しぶりの投稿。

そのきっかけは…
懐かしいお嬢さんからの連絡があったので活気をいただきました。

小本のラジオ局で働いていたAさん、2年ほど前でしょうか。
手織り作業の見学、取材くださいました。ご出身の平泉からこちらに配属が決まったばかりで初々しくも土地の仕事を広く伝える仕事に“夢中”といった風でした。故郷を慕い、支える若者の力の頼もしさを話題にした話はよく聞きますが、お電話をいただき改めて実感。
「いまは仙台で東北の手仕事を得意の似顔絵を交えて伝えています!」と。そして、今回、勝手に準備を進めている7月3日〜のイベントがあって、展示や似顔絵の了承くださいといった内容でした。

いつまでも想いを寄せてくれてありがとう。
活気ある声から伝わる姿勢に背中を押されましたわ、ありがとう。

つないでいる根底は、土地ですね。

織り織りのうた は活動を続けていますよ。
マットの色合いのみならず風合いはすっかり上モノになりました。
わたくしも、瞑想のときなどは「やっぱりこのマットが穏やかだぁ〜」と息するマットを感じます。

織手三浦さんは織手さんを募集しています。

2018.6.29
織り織りうた ||  | | ||| | | 

 

 

織り織りのうた便り 6月号

織り織りのうた便り 6月号

2018. 5.30
織り織りうた ||  | | ||| | | 

織り織りのうた 便り 5月号

織り織りのうたニュース 5月号

2018. 5月
織り織りうた ||  | | ||| | | 

限られた期間

限られた期間。
12−4月は工房へは行かれません。
お互いにそれぞれの持ち分、役目を準備しながら春を待ちます。

お休み期間も、古布をお送りくださった
愛媛県東温市のY.Mさま
愛媛県岡崎市のO.Kさま
千葉県印西市のO.Tさま
ありがとうございます。
荷を詰めるのもお送りもひと仕事です。ありがとうございました。
さっそく活用させていただきます。

織り織りうたでは、以下の古布を募集しています。
<手織りのマットにリサイクル>
◎Tシャツ
カラーTシャツ
白Tシャツ 染の「いろはうた」マットや、真っ白の 雪(ゆき)マット になります。

桜の木。芽吹く寸前、11月頃のもの。それが一番発色するという。




藤。下は×鉄。上は×銅媒染。深みのある色。


一面の雪(ゆき)マット

    
◎浴衣・着物
ぬの草履になります。

◎毛糸
冬の楽しみにさせていただいています。

いつも心の通いをありがとうございます。
織り織りうた ||  | | ||| | |